ニキビの原因になる近赤外線とは?

ニキビ跡消す > ニキビ跡化粧水│最近注目の近赤外線とは

ニキビ跡化粧水│最近注目の近赤外線とは

ニキビを含め、お肌のトラブルの元と言われている紫外線ですが、実はその紫外線を上回る、更に危険なものがある事をご存知でしょうか。それは近赤外線というものです。
ニキビ跡を消す化粧水を選ぶならどれにする?

実は紫外線とひと言で言っても、大きく分けて3種類あります。 UV-A、UV-B、UV-Cの3種類です。 この内、UV-Cに関しては、地上に現在降り注いでいないため、あまり影響はありませんが、UV-AとUV-Bは地上に降り注いでおり、その対策を取る必要があると言われています。 これに加えて最近新しく注目されているのが、近赤外線というものです。

最近の研究では、この近赤外線も地上に降り注いでおり、その量はなんと紫外線の5倍と言われています。 さらに、この近赤外線も、美容に大きなダメージを与えるものだという事が解明されてきています。

近赤外線の特徴は、紫外線よりも肌に深く入り込むという事です。 深く入り込むと、肌の根幹の細胞にダメージを加えるため、危険性がとても高いです。 近赤外線はニキビの他にも、しわやたるみ、ほうれい線など、様々な肌のトラブルを引き起こすと言われています。

また、実は外でも近赤外線は当たりますが、部屋の中でも注意する必要があると言われています。 意外にも、身の回りに近赤外線は多くあるのです。 確かに思い出してみれば、携帯でも赤外線通信というものがありますし、赤外線を利用したストーブなどもあります。 こういったように実は多くの赤外線が身の回りにあるのです。

家電製品からの赤外線による美容への影響は、まだ研究が進められている段階で、はっきりとした事はまだ分からない部分も多いですが、今後注意しておいた方が良いトピックです。 また、どちらにしても外出する時はあまり日光に当たりすぎないようにし、お肌を守ることを意識していきましょう。

赤外線は気付かないうちにダメージは蓄積されていくので、早ければ早いほど、今後の美容に効果的と言えます。 日傘や日焼け止めクリームなど、対策グッズは多く市販されています。
イル・ヴリール

ニキビ跡消す-ニキビの原因を探る-

ニキビの原因にはさまざまありますが、食事やスキンケアの方法などを改善しても、良くならない場合は、次のような原因も考えられます。

<寝不足> 現代人はどうしても夜更かしの傾向にあります。残業で遅く帰ったり、テレビの深夜番組やパソコン、ゲームなどで、理想の睡眠時間である8時間をキープできている人はほとんどいないのではないでしょうか。睡眠不足や睡眠リズムの乱れは、ニキビの原因になります。

リラックスしている時に働く副交感神経が優位になっている睡眠中の皮膚は、昼間に蓄積されたダメージを修復します。夜眠っている間に分泌される成長ホルモンによって肌の細胞の働きが活発になり、新しい皮膚が生みだされます。睡眠不足になると、こうした修復、つまりターンオーバーのリズムが乱れてしまいます。

1日8時間の睡眠は難しいという人は、決まった時間に寝て、決まった時間に起きるといった睡眠のリズムを一定に保つようにしましょう。睡眠時間がバラバラだと身体も混乱し、ターンオーバーのリズムが乱れてしまいます。

<飲酒・喫煙> 喫煙は肌にとって、さまざまな悪影響を及ぼします。体内に活性酸素を発生させることで、ニキビの炎症を促す原因になりますし、血流が悪化するため、肌の新陳代謝が低下してしまいます。

お酒は逆に血流が増えます。適度の量でしたら、体全体に血の巡りがよくなって、一時的に代謝も上がります。しかし、飲み過ぎると身体の中に活性酸素が発生し、ニキビが悪化している時には炎症をひどくさせてしまうので、飲み過ぎには注意が必要です。

<冷え性> 女性に多いのが手足の「冷え」ではないでしょうか。体が冷えると、血流やリンパの流れが滞り、代謝が悪くなってしまいます。そのため健康的な角質層が形成されにくくなりますし、せっかくニキビの治療をしても効果が現れにくくなってしまいます。

女性は男性に比べると血管も細く皮膚の末梢への血流も滞りがちになります。さらに、最近ではオフィス環境が、夏場のエアコンの効き過ぎなどで、さらに冷えを深刻化させています。慢性的な冷えは、ホルモンのバランスにも影響を与るので、夏の冷え対策は万全を期しましょう。

ニキビと漢方薬

ニキビに困った場合、病院に行って塗り薬やビタミンCなどの内服薬を処方してもらうのがほとんどですが、漢方薬というのも保険適用のニキビ治療法です。 漢方は自然治癒力を高めながら、患者一人ひとりの体調や体質に合わせて処方されるため、カウンセリングがとても重要になります。

また、効果がすぐに現れることもありますが、多くの場合、完治するまでに時間がかかることもありますが、副作用もなく根本治療になり体質自体が変わるため、漢方を止めても再発が少ないという点がメリットとなります。

ニキビ治療の漢方薬として一般的なものは

●桃核承気湯(とうかくじょうきとう):炎症などニキビの症状が強く出ている場合、特に化膿傾向、便秘、冷え、のぼせ感、顔が赤黒い、時に下腹部圧痛といった症状の時に処方されます

●清上防風湯(せいじょうぼうふうとう):炎症などニキビの症状が強く出ている場合、特に化膿傾向が強く、皮疹の先が先鋭化する場合に処方されます。

●十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう):ニキビの症状が中程度。化膿傾向あり、顔面以外にも化膿している箇所がある場合に処方されます。

●荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう):ニキビの症状が中程度。化膿傾向があり, 慢性鼻炎をともなう場合に処方されます。

●桂枝茯苓丸加意苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん):ニキビの症状が中程度。皮疹は赤黒く生理時にニキビが悪化傾向があり、下腹部圧痛をともなう場合に処方されます。

ニキビの場合、漢方ですと1年半くらいは服用の継続が必要となります。さらに飲み始めて3ヶ月から半年くらいにかけて漢方薬独特の「飲み返り」というものがあります。漢方薬の力で、体の毒素が出ているため、一時的に症状がひどくなることです。好転作用ともいわれます。

漢方薬の場合、この「飲み返り」を勘違いして「漢方は効果がない」と決めつけて止めてしまう人もいますが、漢方専門店で適切なカウンセリングを受けていれば、こうした誤解で治療を止めてしまうことはなくなるのではないでしょうか。